屋根瓦の種類と比較|ルーフ・イリエ

屋根瓦の種類と比較

“今使ってる瓦が気に入っているけど…同じモノってあるかしら?”
“一部分だけ補修したいけど…同じ色ってあるかしら?” etc…
そんなお悩みをお抱えのお客様にも対応出来るよう、様々なメーカーの瓦商材を取り扱っております。
瓦のメーカー、瓦の種類、瓦の色など、一度お気軽にお訊ねください。
私ども屋根瓦の専門店・ルーフ・イリエの担当者がお応えさせていただきます。
粘土瓦 セメント瓦 スレート瓦

粘土瓦(陶器瓦、いぶし瓦)

粘土瓦(ねんどがわら)は、粘土を混練、成形、焼成した屋根材の総称です。

長所としては、耐久性に優れており、外的な要因で壊れず、定期的なメンテナンス(漆喰、締直し等)をしていれば50年から100年は持つと言われています。

短所としては、材料費が高く、漆喰等の手間が掛かるため全体として工事価格が高いとされ、材料が重いので建物に掛かる負担が大きく地震に弱いと言われています。

粘土瓦
陶器瓦

陶器瓦を釉薬瓦ともいい、粘土瓦の一種です。粘土を瓦の形にかたどったものの上に釉薬(うわ薬)をかけて、窯の中に入れて高温で焼き上げた瓦のことをさします。弊社製品もこの陶器瓦になります。瓦表面の釉薬がガラス質になっているため、水が浸透せず、長い年月を経ても美しい状態を保て、メンテナンスの必要がありません。形は様々で、J形(和形)、F形(平板)、S形等があり、家の形状に合わせて使い分けられます。また、釉薬を替えることにより、色やツヤの出し方を変えることも出来ます。(弊社では、50色以上の色瓦の製造に成功!)ただ、粘土と釉薬の収縮率の違いから生まれる自然現象(貫入)が起きますが、品質には問題ありません。

いぶし瓦

陶器瓦と同様粘土瓦の一種ですが、陶器瓦と焼成方法(焼き方)が違い、粘土を瓦の形にかたどったあと、何もかけずに窯の中に入れて焼き、そのあと“むし焼き”(燻化工程)にして瓦の表面に炭素膜を形成させ、瓦全体(裏も表も)が渋い銀色をした瓦ができあがります。
陶器瓦と同様形は様々で、J形、F形、S形等があり、特にJ形が多く本葺き瓦(J形の前身)も多く使われています。日本建築のお城や社寺の屋根に多く使われ、深い味わいを醸し出しています。ただ、表面の炭素膜が年月の経過と共に剥がれ落ち、変色していきます。また、水が浸透しやすく塩分を含んだ水(海水等)による塩害、寒さによる凍害等が起きることがあります。

三州瓦

三州瓦(さんしゅうがわら)とは、愛知県西三河地方の旧国名「三州」を冠した粘土瓦を言います。
発祥は1700年頃という説が有力とされ、釉薬瓦、いぶし瓦、無釉瓦の他に全国で唯一となった塩焼瓦もここで作られています。メーカーのいくつかは主力商品をかつての和瓦(和型)から平板瓦(F型)に転換し、さらに独自の防災機能をいち早く取り入れ、ハウスメーカーなどを中心に現在新築の屋根材市場のトップシェアの多くはこの三州陶器平板(F型)瓦が占めています。伝統的な景観への再評価と商品性能の高さから伝統の和瓦(和型)も見直されつつあります。

石州瓦

石州瓦(せきしゅうがわら)とは島根県の石見地方(旧石見国 =石州)で生産されている粘土瓦のことを言い、三州瓦、淡路瓦と並ぶ日本三大瓦の一つです。
焼成温度が高いため(約1300℃)強度に優れており、日本海側の豪雪地帯や北海道などにおいてシェアが高いとされています。独特の赤い色で知られ、島根県の出雲地方で産出される含鉄土石「来待石」を釉薬に使用することに起因します。

淡路瓦

淡路瓦(あわじがわら)とは、兵庫県の淡路地方(淡路島)で生産される粘土瓦で、表面が銀色に光るいぶし瓦が有名です。いぶし瓦は釉薬瓦と比較して若干の吸水性があるのですが、淡路のいぶし瓦は、表面の炭素皮膜でかなり高い耐久性を持っていますので、吸水性もかなり少なくなり、凍害にもそこそこ強いのでちょっとした寒冷地でも使用することができます。

セメント瓦

厚型スレートまたは、コンクリート瓦とも言われ、その名の通りセメントと砂を主原料としたもので、表面処理(塗装)をして使われます。以前は和形の生産が多かったのですが、いまは洋形(F形やS形等)が増えています。塗料で着色するので、どんな色にもすることが出来、家の形や壁の色に合わせて変えることが出来ます。ただ、経年により変色、脱色がおき、数年ごとにメンテナンス(塗装)が必要となります。
※こまめに塗装しないと、セメント瓦自体の劣化が早くなってしまいます。

スレート瓦(コロニアル・カラーベスト)

天然のスレートと人造のスレートがあり、一般には人造のスレートが普及しています。人造のスレートは、セメントと繊維性のものを主原料としたもので、セメント瓦同様表面処理(塗装)をしてあるものを使います。以前は繊維性のものとして、アスベスト(石綿)を原料としていたものが多かったのですが、近年は、環境・保険問題等によって無石綿化になっています。陶器瓦やいぶし瓦と比べ、重量が軽いことから、プレハブ住宅に多く採用されていますが、平たいスレートの場合、屋根地(木材)部分の通気性が悪く、木材の腐食や劣化をまねくことがあります。 スレート瓦

またセメント瓦のようにメンテナンス(塗装)が必要となります。

その他の屋根材

その他の屋根材として、天然の材料(木の皮、草、石等)、金属系(カラー鉄板、フッ素樹脂鋼板、銅板、アルミ合金板等)等があります。天然の材料は、周りの環境に合わせ趣を演出することが出来ます。岐阜県の白川郷が代表的な例です。天然の材料のため、風化や腐食が早いのでメンテナンス(葺き替え)が必要だが、材料を入手しにくいといった事情があります。また、火災等にも配慮が必要です。
金属系は、軽量性・防水性・不燃性・加工性に優れているのが特徴です。しかし、表面処理(塗装)のメンテナンスが必要なのと、防錆・防蝕の注意、断熱性・遮音性の効果が少ない等の問題があります。

ルーフ・イリエがお勧めする災害に強い軽量屋根材

東日本大震災、南海トラフ巨大地震など地震災害に対する備えとして、屋根の軽量化が話題です。陶器瓦やセメント瓦に代わる瓦の風合いを持ったガルバリウム鋼板と呼ばれる屋根材などを始めとした軽量・高機能な屋根材をご案内致します。

メリット

ガルバリウム鋼板は、アルミニウム、亜鉛、シリコンからなるメッキ鋼板で、積雪の多い地域や寒冷地域、海岸付近や風の強い地域にも適しており、防災性にすぐれた屋根材です。また、亜鉛の耐食性により、酸性雨や公害対策にも効果を発揮します。値段も陶器瓦やセメント瓦に比べ安く、重量も軽いというメリットがあります。

デメリット

ガルバリウム鋼板のデメリットは、雨音がうるさく感じやすい点と夏場室内が暑くなりやすい点です。ただ、ガルバリウム鋼板の持つデメリットへの改善策として、ガルバリウム鋼板に遮熱塗装を行った遮熱鋼板もあります。

軽い屋根材で減震効果を

軽い屋根材で減震効果を

日本は災害大国などという呼称がある程に、「台風」「地震」の古くからある災害に加え、昨今ではゲリラ豪雨・酸性雨などの異常気象、温暖化現象など、生活の快適性の土台である安全性と安心という部分が充分なのかという不安を駆り立てるニュースも多く見聞きします。
南海トラフ(浅い海溝)で起こりうる「最大級の巨大地震」では最悪の場合の死者数は32万人という衝撃s的な内容が発表され、徹底した避難の心構えと同時に耐震化の強化が各紙紙面やニュース等でも散見されます。
建物の屋根部分に施工される瓦には、陶器瓦やセメント瓦などがありますが、昨今では低コスト・軽量性が売りの新素材の瓦ではない屋根材も多く使用されています。